美容整形のことならおまかせ!美容整形・外科のランキング。美容整形外科サーチ!

美容整形・外科の種類

美容整形・外科の種類を紹介します。あなたの求める手術は?
あご/輪郭の美容整形
大きく分けて、削る(切る)方法と入れる方法があります。
<顎骨切り・顎骨削り術>
しゃくれたあごの骨を切ったり、削ったりすることであごの形を整える手術です。口の中から切開しますので傷は見えませんが、全身麻酔で行われ、術後数日間腫れが出ます。
<プロテーゼ>
小さく引っ込んでいるあごにプロテーゼを挿入して形を整えます。これは数種類のプロテーゼから理想のあごの形を作る方法です。このプロテーゼを利用する手術は、口の中からの手術なので傷は見えません。
<下顎角骨切り術 (えら)>
エラが張っていて角ばって見えたり、大きく見えがちな輪郭を整えます。手術は口の内側から切開し下顎角のエラの部分を削ります。口腔内のみの切開ですので皮膚に傷跡など残りません。全身麻酔で行います。
<頬骨切り>
頬が張って目立つ輪郭を矯正します。口腔内から切開し頬骨を削ります。口腔内からでは手術しきれない場合、耳の脇から切開しての処置となります。全身麻酔下での手術となるため入院が必要です。
<頬部脂肪注入術 (ほほ)>
頬に脂肪を注入して丸みのある輪郭にする方法です。
太ももやお腹の脂肪を吸引し、頬に注入します。

>>あご、輪郭の美容整形外科の医院を捜す