美容整形のことならおまかせ!美容整形・外科のランキング。美容整形外科サーチ!

美容整形・外科の種類

美容整形・外科の種類を紹介します。あなたの求める手術は?
しみ/ほくろの美容整形
大きく分けて、削る(切る)方法と入れる方法があります。
<フォトフェイシャル (しみ)>
肌トラブルの原因となる特定のターゲット(メラニンや毛細血管など)のみに反応します。
素肌を傷つけることなくトラブル部分のみにダメージを与えることができるので、お肌への負担がほとんどありません。また、コラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す繊維芽細胞を活性化させる働きもあるため、内側から自然に美しい肌がつくりあげらます。
<レーザー照射 (しみ)>
レーザーは、フォトフェイシャルよりも皮膚に対して深くまで作用します。
しみに対してピンポイント照射でき効果も早いので、しみの数が少なければレーザーは非常に有効です。照射後は一時的に火傷したような状態になるので、UVケアが大切です。
<炭酸ガスレーザー (ほくろ)>
このレーザー光は水分を含むものに吸収されると熱を出します。ほくろ組織を極めて限局的に破壊し飛ばしてしまいます。出血がほとんどなく、最小のダメージでほくろを除去できます。顔にあるほくろには非常に有効な手段です。
ただ、大きいほくろでは傷がニ次治癒され目立つ場合もありますので切除した方がよいでしょう。
レーザーによる治療は、一時的に肌が火傷したような状態になる場合もあり、しばらくは入念なUVケアが必須です。
<切除縫合法 (ほくろ)>
直径が5〜6mmよりも大きなほくろや、悪性の可能性がある場合に用いられます。
ほくろを含む皮膚をメスで切って縫い合わせます。
ほくろは取れますが、ほくろよりも大きい傷が残りますし費用も高くなってしまいます。

>>しみ、ほくろの美容整形外科の医院を捜す