美容整形のことならおまかせ!美容整形・外科のランキング。美容整形外科サーチ!

美容整形・外科の種類

美容整形・外科の種類を紹介します。あなたの求める手術は?
脂肪吸引(除去)
脂肪を吸引する方法と、注射をして除去する方法があります。
<カニューレ法>
脂肪吸引の基本です。
2〜4ミリ程度の太さのカニューレという細い管を用いて皮下脂肪を取り除く方法です。
しわのある目立たない部分などから脂肪吸引するので、傷跡が目立ちません。 太る原因である脂肪細胞そのものをを吸引するのでリバウンドの心配も少なく安心して行うことのできる脂肪吸引法です。
<超音波吸引法>
音波の持つ組織選択性を利用して、血管や神経に比べて弱い組織である脂肪組織だけを分解して吸収します。
脂肪細胞を柔らかく乳化し、吸引しやすくしてから脂肪を吸引します。 カニューレ法よりも比較的自然な仕上がりで、短時間により多くの脂肪を吸引することができます。 ボディラインを効率的にスリムアップさせたい方に適しています。 超音波吸引法により今まで脂肪吸引しにくかった部位もできるようになりました。 また、超音波により皮膚の引き締め効果がありますので脂肪吸引後にたるみも 起こりにくく理想的な身体に近づくことが可能です。
<ハイパーインフレート法>
ハイパーインフレート法は、脂肪吸引前に局所麻酔薬を薄めた生理食塩水を皮下脂肪層に注入し、脂肪細胞を柔らかくし、 沈痛作用を効かせながら脂肪細胞を吸引する一般的な方法です。
この方法はカニューレの操作が容易な為、出血を抑えながら大量の脂肪を吸引できます。
また、術後の凸凹も抑えられます。
<メソセラピー>
脂肪溶解注射のこと。メスを使わずに行え、痛みや負担が少ないことから、ヨーロッパでは一般化しています。 薬を直接、腹部や二の腕など、気になる部分に注射することで、部分痩せを促します。 注入すること自体の皮膚に対する刺激(鍼治療のようなもの)と、薬の薬効とで、充分な効果が得られます。 身体の各部位のピンポイント改善が出来ることに加え、使用薬剤の安全性から副作用も少ない点が人気です。
<カーボメッド>
『切らない』『メスを使わない』安全な脂肪除去法として、海外ではすでに人気が高い方法です。
痩せたい部分に炭酸ガスを注射し、有酸素運動をしたのと同様の状態にすることで細胞の活動を盛んにし新陳代謝を高め、脂肪を燃焼させます。
服を着たままで行え、痛みが少なく腫れないため、脂肪を減少させる施術の中でもハードルの低い方法と言えるでしょう。 痩せにくい部位の脂肪除去、セルライト対策として最適です。

>>脂肪吸引(除去)の医院を捜す