美容整形のことならおまかせ!美容整形・外科のランキング。美容整形外科サーチ!

美容整形・外科の種類

美容整形・外科の種類を紹介します。あなたの求める手術は?
シワ/たるみの美容整形
基本的にメスを使わない方法をご紹介します。
<ヒアルロン酸注射>
ヒアルロン酸は、人間の皮膚に存在し水分を保って肌の乾燥や荒れを防ぐ役目をしている物質です。
1gで6リットルの水分を蓄えるほど保湿力が高く、しわやたるみなどの改善、鼻筋やあごラインの修正、また唇を厚くする方法にも用いられ、注射器で注入して使用されます。
施術時間は短く手軽で、直後にメイクも可能です。
半年ほどで体内に吸収されるため、永続的な効果は得られません。
<レーザー照射 (しみ)>
レーザーは、フォトフェイシャルよりも皮膚に対して深くまで作用します。
しみに対してピンポイント照射でき効果も早いので、しみの数が少なければレーザーは非常に有効です。照射後は一時的に火傷したような状態になるので、UVケアが大切です。
<ボトックス注射>
筋肉の動きを弱める作用があるボツリヌス毒素を使用する治療のことです。 表情筋の動きが原因でできる眉間の縦ジワや額を横に走るシワ、目の周辺の放射状のシワなどはボトックスを表情筋に注入することで解決します。
数分で注入でき、注入直後から普段どおりの生活ができます。また、アレルギー等の心配もなく、シワ以外の顔の表情に影響を及ぼすことはありません。 まだシワが刻まれていない方でも、ボトックス注入により将来的なシワを予防することもできます。
半年ほどで体内に吸収されるため、永続的な効果は得られません。
<コラーゲン注射>
コラーゲンは真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一種です。
しかし年齢とともに量が減るため、メイクのノリが悪くなったり皮膚が乾燥したり、肌の弾力がなくなってしわやたるみの原因となります。
コラーゲンを皮膚に注入し、シワとなっている皮膚の谷間を埋めることで、皮膚がハリを取り戻します。 何度かに分けて注入することで、シワそのものを伸ばす効果も期待できます。 半年ほどで体内に吸収されるため、永続的な効果は期待できません。
<プラセンタ注射>
プラセンタとは胎盤のことです。
高純度な栄養素や5000種類以上にも及ぶ生理活性物質・酵素エキスが生産され蓄えられている臓器をさします。
プラセンタを注入することで、若返り効果を発揮します。シミ・シワ、そしてアトピーにも効果があると言われています。
<サーマクール>
レーザーやフォトフェイシャルについで出現した第3世代の治療法です。
サーマクールは高周波(ラジオ波)を用いた装置でレーザー機よりも長い波長をもつため、たるみ・しわの原因である緩んだ皮膚真皮や筋肉層にダイレクトに働きかけます。
また、しわ・たるみ以外にもニキビ・ニキビ跡、バストアップ、首のしわ・たるみ・ヒップアップなどにも高い効果を発揮します。
<ポラリス照射>
ポラリスとはダイオードレーザーと、高周波を組み合わせた光を照射することで、シワやたるみを改善させる方法です。 照射直後から顔全体が引きしまります。電気エネルギーを皮膚の深部に与え、コラーゲンの生成を活性化させ、肌全体にハリを持たせることができるので肌の老化防止に効果があります。 顔だけでなく首やヒップなどにも照射が可能。
<IPL(フォトフェイシャル)>
肌荒れに有効な光を照射することで、沈着した色素やメラニンを破壊し、コラーゲンの合成を活性化させて肌本来の美しさを内側から蘇らせます。 肌に優しく刺激が少ないため、施術してから回復するまでが早く、施術後はすぐにメイクができます。
シミ、ソバカス、小ジワ、ニキビ、たるみ、赤ら顔、毛穴の開などの、様々な肌のトラブルが解消され、若々しい素肌を取り戻すことができます。
<フェザーリフト>
フェザーリフトとは、特殊な毛羽立ちのある糸を皮膚内に埋め込んで皮膚を持ち上げるというもので、「アプトス」や「ワプトス」、「ダブルトーシス」という特殊なポリプロピレン製の糸を用います。 皮下組織に糸を通すだけで皮膚・軟部組織のたるみを改善する方法です。
傷は残らず、翌日からメイクや洗顔もできます。
<金の糸美容術>
髪の毛ほどの細さの純金の糸と数ヶ月で吸収される医療用の糸をシミ・シワ・たるみなどの気になる部分に入れることで、 皮膚再生機能を向上させて肌の若返り・美肌効果のある美容術です。
施術箇所を選ばないので全身のしわやたるみに効果を発揮します。
また、24Kの金の糸を使用するのでアレルギーの心配もないです。
一度入れると10年以上コラーゲンを生成し、若さと美しさをキープします。

>>シワ/たるみの美容整形外科の医院を捜す